ウォーキングの実績を登録しましょう

  • ログインID
  • パスワード

コース検索

  • エリア検索
  • ジャンル検索
  • 開催年月
     
  • 雨の日ボーナスポイント!
  • ハロー!自由時間クラブ会員募集中
  •  タイアップご協賛企業
  • 花王
  • コーセー
  • ゼビオ
  • トランドール
  • 株式会社えがお

ウォーキングブログ

ウォーキングブログ

対象コース
開催日:2017年11月04日 福岡県【大野城駅】
「大野城市の文化財と産業展のグルメを満喫ウォーキング」

「コース変更大歓迎(^^)/」

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

 大野城のウォーキングコースは、毎回梅頭窯跡・鏝絵・産業展の三点セットで何度も参加して飽き飽きしていたが、今回は珍しく大野城駅東口からのスタート(写真)

 今日は昨日と打って変わって肌寒くジャケットを羽織ってのスタートとなり、西鉄白木原駅の踏切を渡り、住宅街の狭い路地を抜けていく。今回は大野城市の文化財を巡るウォーキングとなっているが、最初のセンダンの木は大野小校庭にあって、いまいち分かりにくい展示だという気がした(*_*)

 次の消防ポンプ格納庫は、大正末期に建てられた赤煉瓦造りの近代建築物で、街路拡張に伴い現在地に解体移築されたということだが、当時の赤煉瓦を一部使用しているとのこと(写真)
 
 千鳥屋大野城店でお茶とチロリアンの試食サービスを頂いて、しばらく休憩。先に進もうと道路の向かい側にうなぎ専門店の看板が…と思い、近寄って良く確かめてみたら「うさぎ専門店」と書いてあって赤面(?_?)エ?
 
 筒井橋を渡って御笠川の川沿いを歩くが、風が冷たかったので、見えてきたAプライスに寄って暖かいコーヒーをいただき暖を取る(^^)
 やがてJA筑紫ゆめ畑大野城店の幟が見えてきたので、新米の試食サービスを頂く。店頭には農産物が並び、突然買い物モードのスイッチが入った妻は白菜、パプリカ、里芋を次々に購入して私のリュックに放り込む(写真)
 
 野菜で急激に重くなったリュックを背負って、再度御笠川を渡って御笠の森に到着。森とはいっても、現在は数本の木が立っているだけだが、昔はこの辺りも鬱蒼とした森林地帯だったのだろうと想像する。御笠川の名称は、御笠の森に伝わる「御笠」の地名発生伝説に由来するそうで、敷地内には「大伴宿禰百代の万葉歌碑」な どが残されている(写真)
 
 県道沿いを南に歩いていくと、住宅地の中の小さなお堂に像が祀られている。お堂の中は暗くてよく見えなかったが、苦労してようやく撮影することができた(写真)
 この像は木造聖観音立像といい、室町時代に作られた高さ1メートルほどの立像で、県の有形文化財に指定されているとのこと(・0・)
 
 やがて、大野城市まちづくり産業展会場に到着したが、目新しいものはなかったので、道を戻ってうどんで腹を満たし、大野城駅に戻る(^_^;
 文化財を巡るウォーキングは、取り立ててアッと驚くような見所はなかったが、今までと目先が変わって、大野城市の違った面を見ることができた。何度もウォーキングに参加していると、ある意味で飽きてしまうので、多少工夫を凝らしたコース設定をJR九州にはお願いしたいm(__)m

2017/11/08 23:35 投稿者:テリー
コメント(0)

コメントの入力はJR九州ウォーキング会員様のみ可能となります。
会員様はログインをしてからコメントをご入力ください。