ウォーキングの実績を登録しましょう

  • ログインID
  • パスワード

コース検索

  • エリア検索
  • ジャンル検索
  • 開催年月
     
  • 雨の日ボーナスポイント!
  • ハロー!自由時間クラブ会員募集中
  •  タイアップご協賛企業
  • 花王
  • コーセー
  • ゼビオ
  • トランドール
  • 株式会社えがお

ウォーキングブログ

ウォーキングブログ

対象コース
開催日:2013年11月17日 大分県【中津駅】
「紅葉の耶馬溪と羅漢寺(らかんじ)・青の洞門を訪ねて 」

「◆只今“大分コース攻略強化月間”!? ~青の洞門へGO!」

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

先週から中山香、日田、そして前日の豊後竹田と、大分県のコースへ出向いているkakkun。 勝手に大分コースの強化月間中なのか? どうかはさておき、中津へ参上。 シャトルバスへ乗り込み、レストハウス洞門へ到着。

 

◆青の洞門は学校の遠足やドライブ、旅行等で何度も訪れている。

 昨年の豪雨による洪水の映像が衝撃的でした。 

 山国川は所々工事を行っていますが、これもあの水害によるものか。

 川の鯉達は顕在。 皆、流されて無くて良かったね~

◆禅海和尚が実際に掘った洞門の跡を見る。

 長い年月をかけて掘ったトンネル・・。 根気とヤル気があれば、その

 信念はまさに岩をも通す・・ 人の凄さを思い知る。

◆オランダ橋(八連アーチ石橋)を渡り一旦レストハウスへ戻り、羅漢寺を目指す。

 紅葉はもう少し先ですね・・。

◆羅漢寺の入口でスタッフが『コースはこちらの階段を上って下さい』

 年配の女性はここを上がらないといけないのか訪ねるが、道はこちらとの事。

 そうか、あの階段を上って行くのか。頑張ろう!

 久々に、この急な階段を上る(汗Д汗;

 途中で折り返したり曲がる矢印は無く、本堂まで上るがここにも矢印や旗は見当たらず、

 係もいない。  マップではリフト乗り場へ行くようなのでリフト乗り場を目指す。

◆ここにも矢印や旗などは無く、成り行きで下りのリフト(有料)へ乗ると、さっきの

 スタッフのいる所に戻った・・ ありゃりゃ!?

 スタッフに次の道を尋ねる。「上から下りて来たが、次はどちらへ行けば良いか?」

 スタッフ 『この階段を上って、左に曲がって下さい』

 おいおい、またあの急な階段を上れというのか!? 羅漢寺で無限ループに巻き込むのか~!?

 「だから、もう上まで上って降りて来たので、本線に合流する道(車道)はどれか教えて欲しい」

 『また この階段を上って・・』

 おいおい、バカにしているのか? それしか言葉は言えないのか・・(汗)

 普通ならば「この道を進めば、羅漢寺から下りて来る地点に合流します」と、

 本堂から下りて来る車道(本線)はどちらかを教えてくれるのが当たり前。

 先ほどの高齢の女性への配慮も含めて、道を間違えて戻ってきたり、高齢や脚を痛めて

 本堂まで登れない人への配慮と、柔軟な案内のしかたがあるだろうに・・

 コース全体を把握してないのか。 ちゃんとミーティングをしてるのか? 

 (マップを見れば、次はどの道を行けば本線なのかは分かったが、

 同じ事しか言わない置き物みたいなスタッフに、珍しく怒り心頭の隊長)

 

◆気を取り直して先へ進み、お菓子の接待と“洞門水”のプレゼントを頂く。

 御当地の新ゆるキャラ「禅海くん」がお迎え。

 頑張って、くまもん みたいに出世して下さい。

◆羅漢寺でのタイムロスで「洞門バーガー」には巡り会えず、グルメネタはお預け(残_念;

 それでも、何とか予定のシャトルバスに間に合った。

 こうして、中津駅へ戻り、宇島を目指すkakkun(と数名のダブル組)であった。

 

                               

                                           つづく?

 

2013/11/17 22:02 投稿者:kakkun
コメント(14)

紅葉はいまひとつという感じですね。
グルメより紅葉が気になりました。歩くのが好きなところなので。

2013/11/17 23:06 投稿者:しんちゃん

◆しんちゃんさん
 青の洞門あたりは未だ耶馬渓の入口だから紅葉は遅いようですね(地元の友人)
 耶馬渓の奥のほうはどうでしょうかね~。

2013/11/17 23:31 投稿者:kakkun

お世話になります。JR九州ウォーキング担当でございます。
この度は10月17日(日)開催の中津駅ウォーキングに関する貴重なご意見を頂き誠にありがとうございます。
今回の羅漢寺でのコース案内のやり方やお客さまへの配慮など反省させていただく点が多かったと感じております。当日お客さまにお渡しするマップにも説明が足りず、また、スタッフによる案内も行ってはおりましたが徹底できずに誠にご迷惑をおかけいたしました。今後はお客さまに分かりやすい案内を行うとともに、より楽しんでいただけるコース設定に努めてまいりますので今後ともJR九州ウォーキングを何卒よろしくお願いいたします。

2013/11/18 12:10 投稿者:JR九州ウォーキング管理者

相当な不満爆発ですか?
交通費使用して参加しているのだから
配慮が足りませんですね。
こうなれば中津のウォ-キング参加者が減りますね。
案内人も私が参加したところではだまってすわったままもありましたね。

2013/11/18 12:31 投稿者:かもめ783

こんにちわ。
昨日は、kakkunさんは無事に連絡バスに乗れただろうかと、しきりに心配するぼくちゃんでした(笑)
少し雨に降られましたが、かもめ783さんと多久をのんびり歩いていました。
そうですね、特に坂道のが多いところは特に、親切な案内があれば良いですね。
そして、矢印の判りにくいところ等、ゴールの時に伝えておけば、次に生かされてくるのかなと・・・ JRさんも準備は大変でしょうが、kakkunさんのご意見は次回の中津ウォーキングで生かされてくると思いました。

2013/11/18 15:58 投稿者:ぼくちゃん & 相棒

こんばんは
絶対に参加したかったコースでしたが・・起きれずに(夢の中では起きてたのですよ、チャンと)残念でした。でも参加してたらヨタヨタした身体でなんとなく想像できる階段を登り切れただろうかと、kakkunさんのブログを読んで不幸中の幸いだった?とふと思いました。青の洞門を一度実際に見なくっちゃいけませんね。

2013/11/18 21:48 投稿者:ポン

◆JR九州ウオーキングご担当者様、
 いつも楽しい企画を有難うございます!
 わざわざお詫びのコメントまで頂き、恐縮です。。
 昨年このコースを歩いた方に聞いたら、昨少し上に案内の方がいたそう
 ですが、私達が通過した時はたまたま不在だったのかも知れませんね~
      そして皆さん仲良く本殿まで登り・・(汗_汗;
      さすがにあの階段は何度も登れまへん・・
 次回は、もっと分かり易い、親切なご案内を期待してますよ~ (^^)/

2013/11/18 22:56 投稿者:kakkun

◆かもめ783さん、こんばんは!
 上まで登って脚(太腿)がパンパンの状態で降りて来て、「また上に上って
 正しいルートをやり直せ」では、流石に穏やかな隊長も・・
 他の参加者が同じようなケースに遭わなければと、今回はブログに載せさせて
 頂きました。 コース自体は楽しい所です。
 

2013/11/18 23:04 投稿者:kakkun

◆ぼくちゃんさん&相棒さん、こんばんは
 年配の女性がスタッフに「階段を登らないと先へ進めないんですか」と
 何度か訪ねている姿を見た後だったから、もっと親切な案内をして欲しいなと・・
 おっしゃるように「難所」の案内はしっかりとした案内があると、本当に
 有難いですね。

2013/11/18 23:12 投稿者:kakkun

◆ポンさん、こんばんは
 羅漢寺へは、リフトがありますので、リフトを使用すれば体力の無い方も楽に登れ
 ますよ! 中国の奥地の寺のような異世界の雰囲気は必見ですね。
 来年は是非~!! 青の洞門は車で通り抜けることが多く、実際に歩いたのは私も
 初めてですが、良かったです。 
 

2013/11/18 23:17 投稿者:kakkun

おはようございます。
実は私もリフト降りた後、羅漢寺への階段へ行ってしまいました。
登ってる途中で気づいて引き返し小道を発見しました。
他のコースでもありましたが登って降りて直進か曲がるのかの表示がウォーカーの
目に入る所に無いので迷います。降りて来る人の目線で矢印をつけていただけたら
いいですよね。

2013/11/19 06:23 投稿者:mie

◆mieさん、おはようございます
 途中の道、見つけられたのですか。
 私は一緒に上っていた方と、矢印を探しながら
 階段を‥ 矢印まだか~ まだか~ と、最後まで。

2013/11/19 08:06 投稿者:kakkun

隊長は、わざと修行のため道を間違ったふりを・・・
さすがです!!!←チガウダロ
青の洞門は行ったことあるけど、その周辺は廻ったことないなぁ
ぜひ、連れて行って~←なんでやねん

2013/11/19 21:48 投稿者:みきてぃ

◆みきてぃ隊員
 修業目的だったら、おもりを付けて山頂まで
 登ります。 来年はこのコースを探検しますか!?

2013/11/19 22:54 投稿者:kakkun

コメントの入力はJR九州ウォーキング会員様のみ可能となります。
会員様はログインをしてからコメントをご入力ください。