ウォーキングの実績を登録しましょう

  • ログインID
  • パスワード

コース検索

  • エリア検索
  • ジャンル検索
  • 開催年月
     
  • 雨の日ボーナスポイント!
  • ハロー!自由時間クラブ会員募集中
  •  タイアップご協賛企業
  • 花王
  • コーセー
  • ゼビオ
  • トランドール
  • 株式会社えがお
  •  その他
  • 国立公園オフィシャルパートナー

ウォーキングブログ

ウォーキングブログ

対象コース
開催日:2011年11月12日 大分県【中判田駅】
「戸次の街並みと大野川合戦祭りウォーク」

「戸次町並みガイドに参加」

イメージ

赤間で特急「にちりんシーガイア7号」に乗り換える。車両がハイパーサルーンなので先頭の自由席に乗り込み、運転席のすぐ後ろに席を取る。小倉までこれまでに経験の無い列車の旅を楽しむことができた。下り電車とたびたびすれ違う。何かぞくぞくする。遠賀川を渡り、枝光を過ぎてトンネルをくぐると若戸大橋が迫る。西小倉の手前では「西小倉???」という標識が目に入った。西小倉駅は運転手にとって停車するかしないか鬼門なのかなと想像した。小倉で座席を入れ替えて最後尾となり以後は日豊線の見慣れた車窓になる。

10時31分中判田着。11時に戸次本町着。11時30分から戸次町並みガイド(最終回)があるというので参加することにした。おそらくもう一度訪れることはないだろうから。戸次本町は古くから交通の要衝として重視され城下町に対して農村交易の中心地だったという。約600mの一本道の両側に80軒以上の店が連なっていたそうだ。その名残を整備したところを地元のガイドさん達に案内してもらった。ガイドさん達がこの町をとても大切に自慢に思っていることが説明からあふれ出ていて、この場所に1時間も滞在したことを後悔しなかった。写真は松石不老館。石段を登って玄関に達する。石段は大野川の水があふれても難を逃れられるように高くしてあったそうだ。石段が残っているのはこの館のみ。現在は大野川の治水が進んで洪水はなくなったという。

天正12年(1586)戸次川の戦いで壮絶な最期を遂げた長宗我部元親の墓までの約1Kmに渡る登りはきつかった。

戸次川の戦いにちなんだ大野川合戦まつりは12,13日に渡る大賑わいだ。15時から流鏑馬が予定されていた。これを観ていたらゴールの締め切りに間に合わないとおもって適当に切り上げた。家に戻ってマップを見直したら締め切り16時となっていた。

2011/11/12 23:07 投稿者:mousan
コメント(1)

こんにちは~
文中の「もう一度訪れることはないだろう」・・・そうですね、参加コース次第
では、そんな事考えますね。私もそう思えるコースの時には写真撮る枚数も増え
たり、ボランティアさんの話は特にじっくり聞いたりしますね。
それにしても、まつり会場での事、ホント残念でしたね。
他のコースでもよくありますね「***の抽選会が00時から」とか・・・
ですがゴールの都合でやむなく会場を後に。

2011/11/13 11:19 投稿者:はる坊

コメントの入力はJR九州ウォーキング会員様のみ可能となります。
会員様はログインをしてからコメントをご入力ください。